アクセスカウンター
子供たちも私もアトピー体質っぽいため菜食主義をしています。子供4人+へっぽこ旦那さまの6人家族になりました。たくさんの子供に恵まれてることに感謝!みんな自分らしく大きくなあれ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
11月26日 
2009_11しんじすずの

長男にチャレンジの12月号の「お医者さんセット」が届いた。
段ボールをベットにハンカチが掛け布団

2人してあーだこーだ言いながらお医者様に変身。
そこら中のぬいぐるみが一気に患者にされ始めた。
もちろん声の役は私^^;めんどいw

・・・がんばれ先生w
スポンサーサイト
スポンサードリンク
11月26日 
2009_11探索中そうちゃん
。。。何探してるの?w


早いものでもうすぐ6カ月
寝返りうつ伏せ&仰向け完了。
うつ伏せ状態で芋虫みたく頭ぐりぐりしながら方向転換。
360度移動可能
顔がだいぶ上がるようになった
物を渡すと確実に狙ってもつ
座らせると多少ぐらつくが手でバランスを保ちつつ座り始める

2009_11笑顔そうちゃん
どんどんおおきくなあれ^-^
スポンサードリンク
遅くなりましたが9日に長男が4歳になりました。
おめでと~息子☆
しんじ4さい

毎日いろんな君を発見するたびにお母さんは「産んでよかった」って思ったり、いろいろおもったりするよ。

さて、今年のプレゼントは「レゴブロック4歳から」
結構難しいかなぁ~と思ったけれど、いろいろ作るのが好きな長男。
相談してレスキューファイアーとシンケンジャーとレゴブロックとゲームと悩んだ末に決断。

次の日からさっそく作り始める息子。でもやっぱり慣れるまでは小さなブロックをはめたりパーツを覚えるには時間がいりますね。
じっくりゆっくりやっておくれ。。長男よ。

さて、さすがに4歳ともなると「誕生日になると自分は3歳から4歳なる」とわかるみたいで誕生日を心待ちにして、誕生日気分もしっかり堪能したようです。


そんな息子。
除去食というかゆるベジ食を続けてはいますが、ここのところ外出の際デザートやらお菓子をいつもの量より食べていたのもあってか一気に先日じんましん出ました。
完治までに1週間くらい。
その間は時間にもよるけれどつらそうでした・・・が黒豆汁と水とベジ食を続けていたら徐々にじんましんの具合も落ち着きました。
あとは少々ひっかいた傷だけです。

ちなみに息子はベジにしたいとおもって育ててるわけではないです。
旦那とも相談して、肌などに出ないようなら。。。ってことにはなってるのですがね。
うちは動物愛護とか自然保護のためにベジをしてるというわけでは一応ないので。。。

で、外食で普通除去されにくいものは「卵、乳製品」あと「肉。魚。」などは具として入ってるので取り除くくらいで旦那が食べることになってるのですが、一番アレルギーが出やすいといわれている「卵。乳製品」を除外すると普通のおやつなどはだいたいNGになってしまい、息子もスーパーでおやつを選ぶ楽しみがなくなってしまうので少したべる「ゆるべじ」としてokしてたのですが、うーーーん、やはり季節の変わり目の時はじんましんとか鼻水のひどいやつとして身体にでやすいなぁ。
量を減らすか。。それともおやつを選ぶのをネット通販の画面でさせるか。。。
近場にベジの店がないのは残念(。。)
そろそろアレルギーテストなども一度して、本人と相談しながら動物性も食べられそうなら息子の意思を聞きつつ取り入れていこうと思っていた矢先のじんましん。
さて、アレルギーテストはするにしても。。薬で体質を直すべきか、それとも。。。
ちなみに息子に「お薬飲んだりしてお肉とか食べられるようになるのと、飲まないで今の食生活と(今は)どっちがいい?」と聞いたところ「今のまま」とは言っている。
一応定期的に聞こうとおもっているが、どうなることか。
スポンサードリンク
最近我が家ではまたしても成長中の長男長女がいろいろぶち当たり喧嘩が多し。

長男が幼稚園で買い物のやりとりなどを覚えてきたのか「お金ださないともっていっちゃいけませーーん」とかいうと、それが通じない長女は「おにいちゃんが貸してくれない」と怒る。
長男は自分が「大人と同じことをしてるだけ。それが合ってるから」と通そうとするが、娘に通じるわけなし。
「言ってもまだわかんないよー」って長男に言ってもなかなかねぇ^^;

兄弟というのは面白いもので同じ物をどちらかが手を出した瞬間「それで遊びたい」と思うもの。
それはどちらが先に遊び始めたからとか関係なしでとりあいになる。
そこで「一緒に遊びなさい」というと、これがまた2人とも微妙に遊び方が異なるのでまたしても喧嘩。
でも極力「おにいちゃんだから貸してあげな」とは言わないようにしている。
「お兄ちゃんだから」ってのは親からの考えで、長男も長男で一人の我が家の子供であるので。
おままごと一つでも息子が創造力豊かに適当なありものでガスコンロみたいに用意し、その上でお料理してると娘が乱入。使い方が違ったりすると長男「そうゆう使い方じゃだめだよーー」と手が出せないことを知ってるのでそこで負けて泣くことあり。
手をよっぽど理不尽な事がない限り出さないうちの長男。
どっちかっていえば長女のが手が出る。(それはまだ今修正中)
でも、いろいろ考えた結果今のところ、とにかくもめごとがあれば、必ずお互い「ごめんなさい」「仲直り握手「はぐ」の順で仲直りすることにしている。
まぁ、その5分後くらいにはまたなにかでぶるかるんだけれどねぇ^^;

最近外見からしてもまた一皮むけたように見える長男。
なんか最近さみしがりやで私の元を離れない。
今まで夕方幼稚園から帰ってくると自分でやりたい遊びをしながら私と話たりしつつ、ご飯の用意を邪魔することなく待っててくれた。
それが、台所に入り浸ってずっと私のそばでなんか見てる^^;
いや、そりゃ一緒に遊んであげたけれど、この時間しかご飯作る時間ないんよ。。すまぬ息子。。。
夜も布団の場所取りは大騒ぎ。
めんどくさいので長女と長男と一日おきに私の布団か旦那の布団って変わることにしてます。でも、さみしい病が始まってからは毎日隣に寝たがる。
でも、長女も少し前から手を自分の真横にトントンして「ここで寝て」と言い、長女のお腹に私の手を持っていって「ここで手をトントンしろ」というようになってきた。
なので、これも長男長女交互でをしばらく続ける予定。

自分の育て方がこの子たちにとっていいかは結局のところ成長していかないとわからないけれど、その都度考えてやってくしかないべねぇ(。。)がんばるべ
スポンサードリンク
見てたんだけれど、帝王切開でもなんにもなく過ごせたのは本当に幸運なことだなと。
まれな症例だとどんな病気でも「危険」可能性はあるんだろうけれど、ほんともしもって時の医療の進歩。。。どんどんあげてほしいですね。
ま、病院にはめったにいかないんだけれど^^;

どうでもいいけれど、親身になってくれる医者はうれしいけれど、自分の感情に流される医者は好きくないかな。
嘘をつかないお医者さんも好きだけれど、本当にやばいときはいくら本人の意思でも家族にはしらせてほしいな。。。とか自分の場合だったら思う。
まぁ、呼んだからってどうにもできないのかもしれないけれど、一目でもいいから会いたいかな。
でも旦那や子供からしてみれば、会いたくてもかなりひどい場合は心配させちゃうだろうからやっぱり知らせないほうが。。。なんて、こうゆう場合はほんと悩むんだろうけれど^^;

死ぬほうより、残される人のがリアルだよね。
人間の生死ってほんと口だけでいろいろ言っててもその時にならないとわからないか。。。

今までの一人目2人目のお産はなにごともなく過ごせたけれど、三人目の時は帝王切開だったわけで、、
お産も病気もそうだけれど、。。。
なにがあるかわからないねぇ。(>_<)


なんだか生と死について考えると沈むよね。。。
いかんいかん。身体が弱ってるから余計に沈むんだろうなぁ。
相変わらず自分は熱は微熱。
咳とのどの痛み。鼻水。
頭痛はだいぶとれた。
身体が重だるいのもだいぶ軽くなったかな。
ってか旦那が子供泣かせてる時点で「あーーーもうそっちのが気になる」と思う自分はまだ動けるんだろうって思う。
頭痛がない分だけ動けたんだろうなぁ。

旦那が仕事休んでくれて、気持ち的には「もしもつらい時は旦那に」と思えるけれど
部屋はいつもの二割増しに散らかるわ
子供は喧嘩するわ
旦那は昼間携帯機種へんにいくわ
夜ご飯は結局旦那が「つかれた」と寝てしまってて自分でつくることになるわ
娘は変な時間に昼寝少しだけしたから機嫌悪いわ
う~~ん、少しだけ助かったけれど。。。。。うーーーんどうなんだろうねぇ^^;

あ!明日のご飯の「おでん」は用意出来たし、そこは助かったかも。(旦那に子供あいてしててもらったから)
これで明日は米かすぐらいだから・・・まぁ、よしとしよう(なにがだ)

ばたばたしてて少しすぎてしまったが、この間友人の命日でした。
子供がちいさかったりで、なかなか埼玉から三重まで行けずにお墓にも直接いけないので、年賀状などでお手紙書かせていただいているのだけれど。。。。
来年こそは行きたいなぁ。。。ほんと。。。
そうちゃんが1歳まえくらいならもう長距離だいじょうぶっしょ。。。

産まれてくる命と消えていく命
友人のこともあるので、ほんと子供を産むときは「命の大切さ」を実感する。
自分の両親も少し年が多いので、「もしも」ってことがあったら。。。とかもほんと日々のなかで「ふっ」と気にすることもある。

「だいじょうぶ」じゃなくて「自分の身体は自分で守る」と心に置いておいてほしい。
私も結婚前は結構仕事でも私生活でもむちゃくちゃな生活してたけれど、ほんと思う。
仕事とか、自分のやりたいことが「いまがんばらないと」って人も多いと思う
でも、自分をたまには「無理させすぎない時間をとってほしい」なーなんて思う。

あ、自分の場合は子供産んだ時点で「自分」だけじゃなく「子供」もなんだけれどね。



あーーーーーなんか沈む沈む。。。。

はよねよう(--)
みんな病気や交通事故には気をつけようね。
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。