アクセスカウンター
子供たちも私もアトピー体質っぽいため菜食主義をしています。子供4人+へっぽこ旦那さまの6人家族になりました。たくさんの子供に恵まれてることに感謝!みんな自分らしく大きくなあれ☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
久々の日記☆
なんかパソコンに座ってるよりスマホに慣れてスマホでつぶやきが多い今日この頃。

でも日記はスマホでやると面倒なので、ほんと久々だ。

早いもので、産んでから26日経ちました。
とりあえず毎日無事に事がすんで過ごしています。

検診などの記録
出生体重   2836g
退院時体重(生後3日) 2830g
2週間検診(生後12日目) 3318g(日に54、2g増)
4週間検診(生後26日目)4122g(日に57.4g増)

と、生後26日で1286g増えました。

生まれてから今回不思議なのは、お腹が満たされていると、乳を口に持っていっても飲む気が全然ない!
1人目や2人目の時は、だいたいどんなときでも口をあけて飲みすぎて吐くとかあったけれど、今回はほんとにほしいとき以外は飲み始めません。
不思議なものです。

最近は朝6時か7時に左右1回飲み
オムツがぬれて少し飲み寝て
10時ごろまた左右1回
昼近くまで起きてオムツ替えては起きてて昼ぐらいに寝に入り
13時、16時、19時、お風呂、21時、1時、6時か7時というかんじで。
夜中は授乳以外のときは深く寝てくれててオムツが濡れただけでは起きないで寝てくれてます。
昼間は飲んだ後は次の授乳の間に1回か2回オムツが汚れて泣くので替えて少し飲ましてまた寝ての繰り返し。
比較的時間はばらつきがなく、2,3時間の間に1回左右寝入るまであげたらよく飲めてるかんじなので助かってます。
ま、これからまた起きてる時間が増えてくるのでどうなるかわからないけれど^^;

先天性などの検査もok。
「あーう」と少しなん語も話し始めてます。
げっぷをさせようと少しうつぶせ気味にすると、首が据わってないのに首を持ち上げるのはやめてほしいものです。筋トレじゃないんだから^^;

兄弟たちの三男への接し方の違いを見てるのが最近の私の楽しみ☆
長男はあやすのとかがよくわからず、お手上げw
とりあえず私を呼びにきますw

長女はなんかひたすら赤ちゃん用の鈴を鳴らして名前を呼んだり、話しかけたり。戻した乳などを私が気づく前にふき取って「拭いといたよ~」とお知らせしてくれます。

次男も次男なりにお世話をしてくれているようで、なでに行ったり、ほっぺにちゅーしに行ったり。泣いてると教えてくれたり。

みんな気にかけてくれるおかげで私はなにげに家事に専念する時間も作れたり、
案外娘があやすとオムツ替えてお腹がふくれていれば機嫌よくしてくれるので今までどおりお弁当作りやその他家事、おにいちゃんの宿題などなどもそこまで困ることなくこなすことができてます。
兄弟たちにほんと感謝感謝です☆
ご褒美あげたいくらいだけれど、あげるのもなんなのでたくさんお礼を言ってます(w)

元気に育ってくれていて、兄弟も赤ちゃんの存在を認めて関わってくれていて、私としてはうれしいです。
あえていえば、長男は宿題とかでも私と関わる時間が多いけれど、娘と次男が少ないこと。
次男は外遊びでは遊んであげられるけれど、家にいると、どうしても家事を進めたくなる。
次男は最近夜鳴きがやはりあって、寝てるときに離れないからきっと昼間ももっとあそんでほしいんだろうなぁ。。と。
生活にだいぶ慣れてきたので、もう少し家事時間短縮をめざして、そして睡眠不足勝ちだった自分も21時に子供たちとみんなでお布団に入って睡眠が十分取れるように工夫していきたいなと思います。
昼間って時間短いなぁ(==)とかおもったり。
部屋が片付いてないのもネック。もっと動きやすい部屋にしたい。
でも大掃除とか普段の生活の中の掃除で手一杯さww
子供3人のよごしっぷりは半端ないわ。
しまう場所とか、もっとしまいやすいように今以上に工夫しないとね。
ってかもう21日か。
年賀状やってないし。プリンタ壊れ気味直してないし!
クリスマスはサッカー丸一日試合で、長男に旦那ついて行くから家でやれることやるとして、
クリスマスの後はすぐ娘の誕生日。だし
年末実家に帰るかどうかもまだ決まらないし。
やることたんまり。
がんばらねば!
とりあえず今日は検診&クリスマス系の用事を済ませて疲れたからねるぞぅ。
おやすみなさい☆
スポンサーサイト
スポンサードリンク
39週3日に妊婦検診
子宮口は2cm
夜中からかなり重めの腰痛があったし、先生も子宮口もだいぶやわらかいから、今日や明日かもねーという話で帰宅。
子供の大きさは推定2809g
腹囲 100センチ(+3センチ)
体重1.1kg増(この妊娠で一番多い増えっぷり)

家に帰るも、案外10分おきくらいに張りが続く。
その地点で17時
そのまま張りは続き、結構痛みが強くなってきた。
18時ごろご飯を食べたかったけれど、食べる気がせず
19時ごろには子供たちに話しかけられるのに答えられないときがあるほど、痛みが何度もきてて、トイレに逃げてこもって痛みをしのいだりした。
20時過ぎて、旦那が「その感じで産院行かないでいつ行くんだ」といい始め
長男が「病院いくの?じゃあ風呂のあとは普通の服でいいね!」と用意をし始め
私服に着替えている長男をみて長女が「何で服なの!!私も行く」と騒ぎ出し
騒いでる長女をみた次男が「そうちゃんもいくーーー!」と騒ぎ、私がトイレに引きこもっている間に子供たちが全員行く気に。そして置いていかれるんじゃないか、ママが一人で行っちゃうんじゃないかとみんな大号泣大会(+◇+;)
私としては、一番立ち会いたいと言っていた長男だけ連れて行くつもりだったか、もはや無理そう。
なんとか痛みが引いたときに産院に電話。立会いがokな産院だった為、旦那子供たちと私の5人で産院へ。

21時過ぎに分娩室で様子を見る。
子宮口は3センチでだいぶ産道は柔らかくなってるが、今日のうちには生まれないだろうとのこと。
明日は日曜だけれど、子供たちを少しでも眠らせたかったのもあって、旦那と共に入院部屋に移動してもらう。
移動してもらった後、とりあえずトイレに行ったほうが、家でも陣痛のりこえやすかったし、移動しようとおもってたけれど、私も部屋を移動する可能性も考えてしばらく分娩台の上で呼吸に集中しつつ待ってた
。。。。。。が、一向にだれか呼びに来る気配なし。
呼吸に集中しているうちに、痛みがどんどん尾てい骨のほうに来てることに気づく。
しかもめちゃめちゃ痛い。
「あ、これはお産が進んできてるのかも」とおもいつつ引き続き呼吸。
そのうち、深く深呼吸しないとつらくなり、そのころ助産師さんがきた。
「だいぶつらそうねぇ~内診しますね~」
どうやら5cm。
その時点で10時半くらい。
おーー1時間ちょいで2cm開いた~と、うれしくなってきて、そのまま呼吸をがんばりつつ、なんかいきみたくなってきたので、楽な体制を探す。
いきみたくなるときに足を伸ばしてからめ、お尻を締めるようにして、背中をぴんと張ると、お尻もしまっていきみが逃がしやすいことに気づき、ひたすら耐える。
そのうち助産師さんがお尻を手の甲で押さえていき見逃しを手伝ってくれるようになってきた。
助産師さんが旦那に状況報告しに行ったら旦那が戻ってきた。。。しかも娘を連れて。
「娘さんぜんぜん寝ないでいたみたい」と。
一番私に話しかけてくる娘が来たので「やばい、会話するどころじゃない。。。(滝汗)」とおもったけれど、娘に「まま、ちょっと痛いからお話できないかもしれないけれど、いてもいいからね」と言いつつ、自分のほうで手一杯
またどんどん進んできて内診。
いきみのがしをしてる最中にちょろっと漏れるかんじがしてきた。
長女を産んだときの、破水したときに似てる。
長女の時は、内診の刺激で破水して、その後じゃーじゃー破水して、そこからがお産の進みがあっという間だった記憶があったため、逆に安堵。

(たぶんだいぶ後半戦に差し掛かったんだ)

と心の中でおもいつつ、どうやら高位破水していきみと一緒に羊水が押し出されるように出てくる模様。
痛みがつよくなってきてて、だいぶ羊水がでてきはじめたとき、「全開だね!分娩の形にベット直しますね~」と事が運んだ。
いきみとの間になんとか足や体を持ち上げて分娩の体制に入る。
「ほかのお子さんも立ち会うんだっけ。呼んでくるね」と助産師さんが旦那と娘と共に長男と次男を呼びに。
先生を呼ぶとも言ってたので「後もう少しなんだ!!」とおもいつつ必死にいきみのがし。
自分の目に子供たち、先生がみんな来たことがわかったくらいには、もう我慢の限界。
でも、「いきんでいいよ~」と言われないからいきんじゃいけないとおもってたら「あ、もういいよ!!」とか言われて、思いっきりいきみ、3回目くらいで押し物方から回転しながら出てくる間隔があり、助産師さんが手で会陰を伸ばしながら介助してくれてるのがはじめてわかった(*^^)私もおもいっきりいきんでたんで助産師さんも急いで伸ばしてくれてたのがわかって、いまとなっては「助産師さんすごい!!」とかおもったり。
「ハッハッの息でもういいよ~~」と言われ、つるんと出る感覚があり、「おぎゃ~~~」と聞こえ安堵。

ここで4人目だからか思った感想。
「産まれた~~。うれし~~。赤ちゃんなんともないかな?」に付け加え
「もう陣痛や前駆陣痛に悩まされる日々から開放される~~~!!」だった(^^;)

その後もカンガルーケア開始。
顔が長男にも見え、長女にも見え、次男にも似て見えて、なんとも不思議な感覚だった。
生まれてすぐなのに、両目ともパッチリ開いているのには、私も旦那もびっくり。
しっかりとした顔立ちでした(^^)
少しして「母乳をあげてみましょう」となり、すぐ初乳がでて普通にびっくり。
8ヶ月くらいから、乳多少搾れば出る程度だったが、ちゃんと産んだら黄色の初乳が出るようになるなんて、人間の体はすごいなぁと。
赤ちゃんも始めてのおっぱいとはおもえないほど、こくこくと音を鳴らして飲んでくれました(^^)

さて、ここで大問題。
分娩の様子を見ていた長女が大パニック。
旦那いわく、「いつものお母さんじゃないようなお母さんから、赤い血まみれなのが出てきた。あれはなんだ!!お母さんを痛がらせたあれは何者!!」とのこと。
赤ちゃんってのはわかってるみたいだけれど、いつも私を心配してくれる長女なりにかなり分娩の様子は印象が強かったみたいだ。
しばらく分娩室に入りたくないといい始め、旦那と共に廊下を散歩したりして、旦那に抱っこされて戻ってきた。

さて、結局家族みんなでの立ち会い出産になったわけですが
一番分娩を見たがっていた長男に「どうだった?」と聞くと「見てよかった!!」と。
そして、長男も次男も二人して、「赤ちゃん赤ちゃん!!」と言いながら、三男坊を写真撮ったり、頭をなでたりして、ずーーっとそばにいてくれました。
次男が、自然と「赤ちゃん赤ちゃん!!」と傍によっていくのには、何気にびっくり。赤ちゃん返りをしている次男が赤ちゃんを受け入れてくれるかが心配だったので(^^)
でも、じーーっと見て、「赤ちゃん寝てるねぇ」とか、いろいろ様子を教えてくれました。
長女もだいぶ落ち着いたようで、はじめは分娩室に入ってから私のほうにこようとはしなかったんだけれど、「こっちおいで~~」
と話しかけているうちにそばによってきて、手を放さないでいたりし、その後、だいぶ落ち着いたのか赤ちゃんの話をし始めたり、普段のごとくお兄ちゃんたちと騒ぎ始め、そして部屋に移動する時間が来ました。
結局旦那と次男は家に帰宅することにし(入院部屋がいっぱいになってしまうので)、離れたくないとダダをこねる長女と赤ちゃんをみてたいという長男は残り、部屋に移動。

あーー、案外くらくらするな。。と思いつつ、そのまま母子同室が開始。
赤ちゃんは赤ちゃんのベットに寝かすとして、長男は床に敷いた布団で。長女は私と一緒にベットで寝ることに。
その地点で夜中の2時過ぎ。
昼寝も、夜も寝ないでお産のときをすごしてた娘はすぐに眠りに入り、赤ちゃんをずっと見ていたい感じの長男も、私が授乳してる最中に寝てしまいました。
朝方赤ちゃんが泣いたので、オムツを替えようと支度をしてると、寝ぼけた長女が「お姉ちゃんたちがいるから大丈夫よ~赤ちゃん」と寝言で言い始めて、なんかほんわかした気持ちと、すっかりおねえちゃんなんだなぁ。。と言う気持ちでいっぱいになりました。

そういえば、後陣痛ですが、4人目だからめっさ痛いかな・・・と覚悟してたけれど、そこまでひどくでもなく、出血量が今回すくなかったからなのか、どちらかというと2人目のときのが痛いくらいでした。(3人目は帝王切開だったので、後陣痛がさほどつらくなかった覚えが。。。)
まぁ、授乳の最中は特に痛いけれどね(^^;)
でも、鎮痛剤飲まなくてもなんとか大丈夫なくらいだったので、一度も飲まずにやりすごせました。

とりあえず母子手帳の記載の分娩所要時間は7時間11分とされてますが、産院に入ってからは3時間くらいで産めたのがなんかうれしい。助産師さんにも「すごい集中力だね!!」と言われたし。
そして、今回はすごく落ち着いて分娩に望めました。「くららさん、冷静すぎ!」とかも言われたし。確かに今回は「いたい~~とか、もうむり~~」とか言わなかったな(。。)
2人目のときなんかもう大パニックだったがww
旦那にも「今回のお産が一番余裕そう。顔が分娩前より元気にみえるぞ。」とか言われたし。
ともかく、普通分娩で産めた事が本当にうれしい。
帝王切開して3年経っているけれど、産院によっては切開した人は経通分娩できないって産院もあるし。切開すれば出産後も上の子たちと遊べるのに時間がかかるし。
ともかく、子供たち全員連れてきたからには産みたいって気持ちでいっぱいだったし、陣痛もだいぶ波に乗った痛さだったから「今日産める!!なるべく進むようになんでもしてやる!!」って感じで気が引き締まってたし。
自分としても、家族としても、いいお産になったのかなーーと思いました(^▽^)/

11月25日0時09分
体重 2836g
身長 48.8cm

新しい家族が増えました。
実良(さねよし)と、名前も決まりました♪

どうぞよろしくお願いします☆
長い出産記録をよんでくださってありがとうございました!
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。