アクセスカウンター

はーい

ここでは、「はーい」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
4月22日

こんにちわ。
ぐったりしてるけれどねむれないです(。。)

昨日は結局ばたばた。
16時43分の新幹線で東京へ向かい、その後乗り換えなどしつつ毎月通っている治療へ。
治療後は気力回復して非常に体調も落ち着いたんだけれど、その後ご飯を済ませ、ひたすら3時間ちかく抱っこ紐。
電車が込んでいるのでベビーカーは使えず結局抱っこ紐しつつ、娘をかかえながらベビーカーをしょっていたのでまた疲労。
息子と手をつなぎつつ、旦那は大荷物をしょいつつ、家に着いたのは23時過ぎ。
すぐ眠れるだろうとおもっていたら、ぜんぜん寝付けない。
結局ちゃんと眠りに入れたのは4時くらいかな。
でも、すぐ授乳の時間がきてまたおきて・・・お弁当作る時間になって・・って感じで具たーーーって感じです。
息子も眠そうだったので
「遊びに行くのはあしたにしてもいいかな」といっていたら息子も娘の横で布団に包まって寝始めました。
「んじゃ私も」とか思っていたら・・・また寝られない。

今夜はねむれるだろうか。

春はいろいろたいへん。
季節の変わり目だから、芽吹く時期だから、体の調子がくずれやすい。
2月くらいから急に皮膚の調子もわるくて、体も熱っぽくて
かゆみもひどくて、肩こりもひどくて。

そんなのでも、2年前とかの状態とくらべると、絶対に体は良くなっていると思う私。
外に出られなかったあの時期。
頭がはげはげで人とあいたくなくて、顔も人に見せられないくらいひどくて、
顔に炎症がでても、その時に比べたらぜんぜんいいのに
周りは「ぜんぜんよくなってないじゃない。治療方法考え直したら?」
親は
「こっちが気を使ってつかれる。みてられない」
という。

でも、私じゃなくても、春先は「だるい、熱はないのに熱っぽい」っていう人も多いと思う。
なのに肌にでるだけで「やり方がまちがってる」とか「菜食は体に良くない」というのはどうなのだろうと思う。

調子が悪いと一言でいえば終わりなのかもしれない。
でも、症状は常に違うのに。
痒くならないようになりたい。そう願っているのは自分が一番なのに。
娘を妊娠中、そして出産後、ぜんぜんかゆくない時期も少しあった。

そうゆう時期が出てきただけでもぜんぜん進歩だと思う私。

昔からアトピーに悩まされてきて、皮膚科に行って、も「何が原因かわからない」とどこでもいわれ、適当にステロイドを出されるのはもういやだと、菜食&薬など使わない生活を始めてはや7年。
これでも私は昔の私にくらべて幸せだとおもう。
それを人に「かわいそう」とか「病院いけば」といわれると非常に苦しくなる。

「民間療法」といわれる食事療法などは、理解が世間では薄い。
これだけ「安全な食品」を求めている現代人が健康と薬なしの食事療法について「偏見」のようにもっている人のが多い世の中。。。
「子供にはよいものを与えたい」と思う親は多いと思う。
でも、「なにをおもって体によい」と人は考えるのだろう。
「肉や魚を一日1回とると強いからだが作れる」というのだろうか。
でも、うちの息子は菜食だけれど、肌もいろんな人から「つるつるできれいねー、体つきも太ってもなくてやせてもなくて、いいねー」といってもらえている。

いろんな考えがあることは良くわかっている。
いろんなことを気にしないでいることもできるけれど、できれば理解までいかなくても「否定」ばかりをされるのは非常に悲しく感じるここ最近です。

あ、なんかまじめな話になっちゃった・・・・すいません、気に入らない方は素通りしてください^^;
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aokabe.blog27.fc2.com/tb.php/158-942e26a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。