アクセスカウンター

出産の記録(長いです^^;)

ここでは、「出産の記録(長いです^^;)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
母子手帳を見直してみました。
記録なんで、興味ない方はスルーで。

41週と0日 妊婦検診にて
体重増加 -0.3g(減ったよ。。)
子宮底長 -2㎝(減ったよ。。)
腹囲     95センチ(-3㎝)
血圧・浮腫・尿たんぱく・尿糖 問題なし

この日は午前中買い物に行って昼から検診。
毎日続いていた弱い陣痛がなんか今日は痛みの持続時間と強さが増えていた。
NSTの間も強い痛み。
だけれど、強い痛みが来る直前お腹の子の心拍が急激に下がる。
結構長い間張りを測る。
その間2回ほど計測した紙を先生のところへもっていく助産師。
「大丈夫よー先生から話があるから」と笑う助産師。
いや、その顔は「大丈夫」って顔じゃないでしょ。。と思いつつ、順番待ちしてる間に旦那に「もしかしたら入院かもねー。あぶなければ帝王切開かも」と話す。
不安を持ちつつ先生の内診。

「子宮口はやわらかいけれど、あんまりさがってないねー」
という。台を降りながら向こうから聞こえてくる電話をかける先生の声が耳へはいってきた
「切開の用意して」
。。。。切開??切腹??(。▽。)。。。私?

先生が電話を終え、私と旦那に一言
「もうだしちゃいましょう」
「へ?」   
「このまま強い陣痛くると、赤ちゃんがあぶないかも」

ということで、即決定。
その名も『緊急腹式帝王切開術』

その時点での時刻16時30分過ぎ。
旦那に息子と娘を家に連れて帰ってもらう。
ひとりで入院室へ移動。
そのまま体温と血圧を測る。
分娩着に着替え、分娩室へ移動。
当初18時30分予定だったけれど、すでに17時過ぎ。
次々と手術の用意が進んで、なされるがまま。
怖い気持ちを持ちつつも腹をくくって、なにを言われても「はい。はい。だいじょうぶです」と答える。
17時半ちょいまえ、院長と助手の先生入室。
「もう用意できちゃった。はじめようか」

え。。もうっすか。
腰から麻酔を入れる。
麻酔のききが弱いと切った時痛いからと言われ、なるべく腰を丸める。
先生が痛すぎるほどお腹をつねってみたが、自分では触られたくらいにしか感じなくってかえって安心する(先生につねってごめんねとあやまられたがw)
局部麻酔なので、両手は動く。
胸より下だけ麻酔。
麻酔って気持ち悪いね。からだがじーーんとしてる。でもうごかせない。
ちょきちょき切られたり、ひっぱられたり、おされたりして、手術開始5分後くらいには「さあ、出すよ~」と。
寝転がってる上のほうに赤ちゃんが取り出される。
少しして産声。
処置中、モニターに映してくれてて、ずっと姿を見ていられた。
お腹のほうではひたすら先生たちが処置中。そちらはあえて気にしないでいた。
少しして「1976g」と聞こえてきた。その瞬間「あぁ、2000gいかなかったんだ。ごめんね。」
と思った。
少し呼吸異常がみ受けられたようで、チューブで中に入ってる血液を吸いだしていた。
でも、よく動くわが息子。
あんなにがりがりで、手足がほっそりで。
でも懸命に泣いて動いている。
それがみれるだけで、まだ自分では抱けてないけれど涙が出た。

処置が終わり、先生退出。
助産師さんたちに「抱っこはできますか?」と聞くと、本当はすぐ保育器に入れたいけれど1回だけ胸の上にのせて抱っこさせてくれた。
あったかい。
いらっしゃい。よろしくね。
心の中でそう思った。
その後は意識朦朧。ってか疲れた。
身動きはもちろんとれないので、助産婦さんが分娩台からストレッチャーに乗せ換え、入院室のベッドに乗せ換え、やっと落ち着いた。
その晩は赤ちゃんを見に行けない。
でも、今は寝とかなきゃ。旦那が一瞬会いに来てくれて少し話せた。
小さく産んでごめんね。そう言っておいた。
おつかれさま。と旦那が言った。
子供をよろしく、、とお願いして別れ、その晩は少しじんましんが出たり、ひたすら汗ばかり書いていたが朝まで寝た。
痰がでそう。
でも、水も飲めない。咳をすると傷が痛む。
どうしようもなさに苦しかったけれど我慢我慢。
なんとかうまく痰をだそうと必死。
昼になってスープが出た。
それと同時に水解禁。
のどが渇いてしょうがなかったので人間本当に水が必要なんだなって心底思った。
昼過ぎ、実母、旦那、息子、娘が来てくれた。
動けやしない自分。
もう麻酔はとけているけれど、上半身を起こすので精いっぱい。
ベットの背もたれをおこして、息子と娘と話す。
抱っこできなくてごめんね。と話すと、息子は話をしたことで「いいよ」と一応納得してくれた。
娘は少し「一緒にいてくれないままなんてしらない」って感じでむくれていた。
その日は私も微妙に朦朧としてたので、帰ってもらった。
夕方になるまでに歩行練習開始。
足を床につけると、がくがくした。
が、「根性!!」と点滴にしがみつき立つ。
無事にトイレにも行けた。
そこからど根性開始。
ひたすらトイレに行くために何度も起きる練習。
そのついでに新生児室の第三子のところへより、顔を見せてもらう。
出産後、すぐは保育器でなんらかの処置が必要な感じに思えたが、結局チューブなど何もつけることなく、心拍などと体温の管理のみでokだったみたい。
暖かい保育器の中ですやすや眠る息子。かわいい。

繰り返しているうちに動くコツがつかめてきた。
明日にはもう少し動けてないと、退院後にとてもじゃないけれど上の子たちの相手をできない。
できれば、明日くらいには少し膝に座らせてあげないと。。と思い、「人間やろうと思えばやれる!」精神で動きまくった。
そしたら、助産師さんに「もう少し寝てなさい」と怒られた^^;
どうでもいいけれど、術後1日目の夜には普通の食事が出てくるのにはびっくりした。
昼はスープだけだったのに、夜は普通のディナー・・・どうゆうこと?ww
さすがに食欲がでなかった。

でも、動いていた甲斐あって、次の日には座ってお膝抱っこは可能になった。
傷の治りも良好。息子もなお機嫌が直り、息子の口から「ママのことゆるしてあげるよ」と笑顔とともに言われた。
おまけになでられたw
息子もおおきくなったなーと思う瞬間だった。自分が息子にいつもしてることを私にしてくれるとは。。成長だなと思った。
娘は一度お膝抱っこをすると、どんどん抱っこしてほしくなったみたいで、暴れ始めて傷部分を蹴られそうになった^^;
旦那に手を貸してもらい、なんとか娘もそこそこ機嫌が直ったっぽい。

次の日は面会なしにしておいた。実母も疲れてしまう。
ひたすら歩行練習。
その次の日には点滴が取れて、自力で歩けるようになった。
でも、腰を曲げておばあちゃんみたい^^;
術後3日目でシャワーok
いやー、しみないもんだね。いたくなかった。

赤ちゃんは、保育器の中であばれまくり。
手足が妙にながいので、中で壁を蹴っては変な方向へ転がっていき、助産師があわてて元の向きに直していた。
元気みたいでなにより。

はじめ低体重用のミルクを飲まされていた息子。
出生2日目に搾乳した乳を飲ませ始めた。
よく飲み、よく寝る。
生後3日目の昼。懇願していた直母解禁。
初めての直母なのに、すぐ上手に飲む息子に助産師が驚く。ってか自分も驚く。
口をぱかーって開けてすぐ含み、上手に飲む。
哺乳瓶以上に飲んで驚かれる。
生後3日の夜中、保育器を出て様子を見ることになった。
体重が直母にしたら断然増えがよくなった。
夜まで安定してたら保育器だせるかも。。という話にもなった。
だけれど、やはり体温が安定せず、心拍も体力が少ないから不安定。
ってことで、保育器に逆戻り。
体力がもう少しつくまでは保育器のがよさそう。
一晩は哺乳瓶で搾乳乳をあげて様子をみた。
次の日先生が赤ちゃんも大丈夫そうってことで昼からお乳の時だけ保育器からだして直母okをだしてくれた。
だっこできてうれしい。
なんども新生児室に通った。
生後4日目。子供たちが会いに来てくれた。
抱っこしてたら助産師に怒られた。
意外に抱っこできる自分に「人間の回復力はすごいなー」と思いつつも子宮ひっぱる靭帯が弱くなるといけないからってことで抱っこはまだおあずけ。
娘と手をつないで歩いたり、息子を膝の上に座らせて幼稚園の話をしたりした。
生後5日
私だけ退院した。
退院したけれど昼間は病院に通う。
夜中は次の日のための乳を可能な限り搾乳した。

生後9日目。退院ok。
2242gになった息子。聴力検査も異常なし。

生後13日目。2週間検診。
体重2320g。
身長 47.7㎝(+2.7㎝)
頭位 35㎝(+5.5㎝)
胸囲 30.5㎝(+2.5㎝)
検診前にへそから血がでてびっくりしたが、問題なし。
私も子宮の戻りばっちり。出血してないときはお風呂okと言われた。
体重増加も一日19.5gとまあまあ合格。ってか小柄なのによく飲むのでほんとうれしい。
でも、もう少し体力ついてきたらもっと飲んでくれるかな。
でも、今夜中起こしても起きない時が多い。。。
夜中の回数が減っちゃうと体重の増えに大きく影響するから。。なるべく起きてほしいんだけれど。

生後どんどんふっくらしてきた第三子「宗佑くん」
よく泣きます。
満足するとにかーっと笑います(ひきつってるときもあるけれどw)
飲む量が増える時期なのか、昨日今日と夜8時くらいから11時くらいまで飲んではおむつを濡らしてまた飲んでの繰り返しです。
その時間はこの二日間ぐずりっぱなしです。
案外声が大きな宗佑。
どんどん泣いて、どんどん飲んで大きくなあれ☆
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
遅くなりましたが、ご出産おめでとうございました!
コメントお久しぶりですが、ずっと読ませて頂いていました。読み逃げスミマセン(汗)
予定日を過ぎて、緊急の帝王切開、本当に大変でしたね。
私は33週での緊急帝王切開でしたが、一晩時間があったので、まだ心の準備が出来ましたが、決まってから一時間で手術なんて><;!
初めて直母をあげた時に、小さな口で頑張って飲んでくれた事とか、娘が生まれた頃の事を鮮明に思い出しました。本当に子供の生命力って素晴らしいですよね。
宗佑くん、生まれたてとは思えないほど、ぱっちりおメメで本当に可愛らしいですね☆
これから日々、どんどんスクスクと育って行くのが楽しみですね♪
お兄ちゃんとお姉ちゃんと、三人の子育ては大変かと思いますが、くららさんも産後のお体をお大事にされて下さいね!
2009/06/14(日) 05:50 | URL | bakabros #woEK.hP2[ 編集]
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/birth-attendant/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/birth-attendant/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
ukpijaDq
2009/06/14(日) 09:04 | URL | sirube #mtsVTvCA[ 編集]
ちょうど5月29日の日記まで読んだところで、仕事が忙しくなりちょっと間が開いてしまいました。いつもROMっててすみません。

赤ちゃん無事に産まれたようで良かったです。母体ともども大事にしてくださいね。

私も帝王切開でしたけど、術後の食事はもっとゆっくり(お茶→重湯→3分粥→5分粥→普通米?)戻って行ったけどなあ・・・点滴終わるのも早いし。今ってそんなものなのかな?
2009/06/15(月) 02:26 | URL | まつの嫁 #5lgk84Pk[ 編集]
>bakabrosさん
お久しぶりです^-^
いつも読んでくださってたんですか!ありがとうございます。
読み逃げ全然気にしてませんw
またお時間ある時にでもよかったらコメントくださったらうれしいです。
ほんと突然のことだったんでかなりびっくりでした。
子供はすごいなーってほんと思います。
お互い子育てがんばりましょうね

>まつの嫁さま
ありがとうです^^
時間がある時にで全然大丈夫です。
食事に関してはほんと不思議で・・
体を切るのは初めてだったんで、当然お粥でくるとおもったら^^;
2009/06/28(日) 00:13 | URL | くらら #-[ 編集]
初めまして。
出産って本当にドラマのようですよね。激痛に耐え切ったことが本当に自分を褒めたいです。
2009/07/06(月) 21:56 | URL | 無痛分娩を知りたい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aokabe.blog27.fc2.com/tb.php/272-a70318fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。