アクセスカウンター

娘体調不良で入院手前でした

ここでは、「娘体調不良で入院手前でした」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
ってことで、今回の娘の症状はいろいろ見定めがむずかしすぎた!!!
24日(月)昼過ぎの便がにおいがおかしい。
25日(火)朝から夜まで下痢3回。白い米とぎ水のような便。胃腸炎だろうけれど、熱なし嘔吐なしなので様子見。
26日(水)朝 いつもの食事の半分しかたべず。遊びに行きたがり午前中いつも通り支援センターへ。機嫌悪くてだっこちゃん。微熱
      昼、帰ってきてすぐ寝てしまう。2時ごろ大泣き。寝てる間に作ったおかゆをたべさせ様子見。いつもは食べたがらないお兄ちゃんのおやつのフルーツ(オレンジ)を珍しく食べたがり食べさせた。。。ら、少しして嘔吐。その後少し水を飲ませたら寝た。七度7分(かんきつ類が胃に最後のとどめを刺したのかもと。。しまった。。。)
      夕方おかゆをたくさん食べたがり食べていると吐いた。食事を中断して水を飲ませ寝かせる。熱は7度2分
朝便あり

27日(木)朝水を飲み吐く。寝てばかり。
下痢が続いているのと吐いたので昨日から吐いたのもあり病院へ。
病院で先生の判断で胃腸炎なのは間違いないと思うが、それ以外の症状の水しか摂取できてないのと、ねっころがってばかりなのがちょっと引っかかり血液検査。あと一応溶連菌の検査をする。溶連菌は(-)。血液検査で血糖値が低くなって低血糖になっているのと、気持ち脱水気味なのでということで点滴決定。点滴すると少し元気になり、自分で歩けるようになる。胃腸炎、食事できない症状のための薬は特になかった。(ベジなので整腸剤は排除ということで)
     夜も食べたがるが、低血糖ということでなるべく無理しない程度に食べさせて、あとはリンゴジュースで糖質を摂ることに。でもあげすぎもよくないと思い控え目におかゆをさじ4,5杯あたりでやめておいた。先生もすこし食べられてたら夜中は起こさず寝かしてと言っていたのであえて起こさず。便なし

28日(金)朝からのどがよほど渇いていたのか見つけた水をがぶ飲みしてしまいまた嘔吐。下痢や嘔吐の時は『水・少しの塩分・少しの糖質』ってのを思い出し落ち着いてから水を飲ませクリア。リンゴゼリークリア。豆乳が大好きでひどく飲みたがったので少しのませクリア。さすがに午前9時から10時半まで寝て、水をのんでまた寝始め、起きそうにないので、昨日の低血糖が気になっていた。昼もおかゆを食べたがらず、水をちまちま。リンゴゼリーを食べたがらなくなりますます糖質がやばい。
低血糖だと熱もないのにだらだら寝転がったり寝てばかりいたりするらしいと昨日いわれたのでかなり心配になり、午後長男帰宅後急いで病院へ。
やはり朝水をがぶ飲みしたのは嘔吐のきっかけではあったかもしれないが、昨晩もう少し食べさせておいた方が良かったかもしれないとのこと。「あんまり食べさせても吐いても。。」と、思って少なめにさせていたのが夜中寝ている間になにも摂取していない身体をまた低血糖にさせてしまったのかもとのこと。このへんの加減は難しいとはいえ、一晩でまた低血糖になるのはおかしい。。と、微妙に入院の可能性を匂わされる。
外来で点滴ばかりしててもらちが明かないので、今日の点滴でまた明日低血糖になる場合は入院ということになり点滴。点滴半分終わったくらいで、水分と糖質(アクアライトやジュース)をとりつつ、吐かないで摂取できたら帰宅しましょうとのことで実施。なんとか吐かずにこまこま飲めたので帰宅し、家で2時間くらい眠い中だけれどちまちま食べさせていたら結構食べられた。やはり点滴で少し元気になった時に摂取できそうだったら摂取して栄養をつけてから寝た方が回復がはやいのだろうか。なんにしてもジュースもご飯もしっかり食べて寝る。便なし。

29日(土)朝からそこそこ元気。寝てばかりが無くなった。昨日午前にもう一度様子を見せにくるように言われたので病院へ。
調子も昨日よりよいみたいだし、食事もとれ始めてるので、徐々に量を増やしてねということで入院はなしに。
      昼・夜でかなり動けるように。寝てばかりいたのがうそのよう。でもしばらく動いてなかったせいかただでさえ歩くのが下手なのにちょっと下手になった。体力戻ったらもっと歩かないと。泣く元気もにっこりする元気も歌を歌う気にもなってきたみたいでやっと上昇の糸口が見えた感じ。
夜、やっと3日ぶりに便がでた。ちょっとねっとりしてるが白くない。黄色(離乳食みたいなのばかりたべてるからかな。)匂いも正常。少し安心。
何日かお風呂も入れなかったのでやっと入らせてあげられてすっきりしたみたい。
明日はもっと元気になって、たくさん笑顔をみせてくれるといいな。

今回で思ったことは、子供が病気の時に『寝てる』のがかならずしも安全ではないということ。
ほんと寝過ぎで怖かった。
あと、子どもの嘔吐の兆候があった時にチョコっとずつ食べさせたり水を飲ませたりするのはよくやるが、ほんと子どもが「いらない」って言った時は「食べたくない」なんだなと。
元気な時、好き嫌いで「いらない」はうちではあんまり通用しないのだけれど、本調子でない時はかなり本人の申し出を参考にした方がいいと今回思った。
27日の日に「点滴したし、食べさせ過ぎて吐くとこまるしな」と控えめにと判断したのがほんと今回はミスったな・・と。本人は「もっと食べたい」と言っていた。でも寝むそうだったしそんなに朝から食べてない中たくさんたべさせてもな。。と思ったが、実際はその後は寝るだけで栄養が取れるのはその時間だったわけで、『眠くても食べさせるべき時もある』と今回学んだ。
あと、ほんと自分の一番のミスは「胃が弱ってそうな時にかんきつ系」
ほんとあげた後「しまった!!」と思った。もしかして全部の引き金はここ?と思う。
もちろん胃腸炎が一番初めの引き金だと思うとも先生は言ってはいたが。。。ほんと反省。


今回はほんといろいろ頭を悩ませました。そして娘もつらかっただろうに。
でも、片時も私から離れなくなってしまって抱っこばかりで。。。元気になってからが心配です。あまりに甘えがで出ていたのでもしかしたら「下の子ができてさみしい」ってのを今回発散すべく、ここぞというばかりに抱っこを欲したのかな。。とも思います。
案外娘が「がまんをする子、口で本当に言いたいことをいわない子」ってのがここ最近で分かってきたので。
(注射でも泣かず、さこつの骨折でも泣かず、今回も点滴入れる時も泣かず、普段もいろいろな場面で貯めこんでそう)
なのでもっと娘の内面を見落とさないようにあまえさせてあげないとな。。と思います。
まぁ、兄弟みんなそうなんですけれどね^^
それにしても、昨日の3人病院連れて行って、口では長男の相手、後ろはおんぶ紐でそうちゃん、前は娘を抱っこ、、、あの状態はかなりつらかった。仕事を中断して帰ってきてくれた旦那が帰りだけはいたので本当に助かったけれど。。
ちなみに今朝起きた時に筋肉痛でおきあがれませんでした。骨盤がガタガタになってて^^;ほんと足の付け根がきしきししてて「あ、やばい」とw

娘の症状が落ち着きそうな中、長男も微妙に風邪気味だし、そうちゃんもくしゃみしてるし、私も寒気や頭痛。。。もうなにもおきませんように。
ちなみに血液検査する際についでに血液型を調べてもらった(ほかの時に血液検査だけのために血をとるのもかわいそうだし、ついでにできるそうなので)

がーーん、またしてもO型!!旦那といっしょじゃん。
長男も長女もO型。。。B型はいないのか、、、
軽く残念。
そうちゃんの血液型はまだ調べてないので、そうちゃんに期待!!
そして明日はそうちゃんのお誕生日だ!!
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
娘ちゃん大変でしたね。
うちの下の子もGW明けから嘔吐下痢症でしばらく大変な日々を過ごしてました。
そして低血糖。
うちは去年の9月と11月に低血糖で痙攣起こして入院したので娘ちゃんの寝てばかりの状態を記事で読んで入院中のうちの子のがそうだったと思い出しました。
ホント寝てたら安心じゃないんですよね。
娘達が病気やけがをする度に勉強させられます。。。
2010/05/30(日) 07:59 | URL | まるなここ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aokabe.blog27.fc2.com/tb.php/342-7cbb1d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。