アクセスカウンター

次男発熱と蕁麻疹

ここでは、「次男発熱と蕁麻疹」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
えっと、月曜からかな。
9度まで上がって朝は微熱。
水曜までは夜も9度3分くらいまで上がって、今日は朝6度8分、夕方7度8分、夜8度3分

火曜から食欲が微妙。
でも、いろいろ食べられる物を食べ、おっぱいをいつもより欲し、水分も水飲みまくり。
火曜は昼寝が短かった。いつもなら3時間熟睡なのに1時間ちょいで起き、抱っこ。そして夕方から夜にかけて太ももや腕に蕁麻疹

水曜も食欲は微妙。
パンもご飯も麺類もおやつ系もダメ。いつもなら好むおかきや、おからクッキーもダメ。
しょうがないからゼリーをあげ、食事もいつもの3分の1くらいの量。
夜に胸、お腹、背中、腕、ももやふくらはぎなどに蕁麻疹多発。
夜中におっぱい飲みまくり。泣いては飲み、泣いて飲み。

木曜も食欲は微妙。
まぁ、夜中もあれだけおっぱい飲んでれば朝は食べれないっしょ(。。)と思いつつ、ちまちま軽食のごとく食事を摂らせる。
蕁麻疹は朝には消えていて、また夕方ごろ腕、足、お腹に少し
なかなか寝付けなかったらしく、いつもなら寝ている時間なのに起きて機嫌よく遊び、22時頃共に就寝。そのころには蕁麻疹もだいぶ消えている。
夜中もおっぱい続き。

金曜も食欲微妙。
朝からべったり。
今日は幼稚園のプール参観があったので蒸し暑過ぎて余計に機嫌も悪くなり、泣いてて眠くなり、少し寝てから昼食。
その後、また蕁麻疹が腕、足に出る。
元気に遊ぶし、蕁麻疹も今までかゆくはなさそうだけれど、熱でて3日以上だしと病院へ。

抗生物質が効くのは細菌などで身体が熱が出たりしてるときだけなので、先生の計らいもあって血液検査で数値を見て、細菌で熱が出てるときに数値が上がる『WBC』と『CRP』の数値が正常範囲内なのを確認し、咳、鼻水などの症状もないし、基本遊べて元気なので、抗生物質は必要ないと判断。
もう3日くらい熱が続いたり蕁麻疹がでたりだったらまた再検査と言うことになりました。
蕁麻疹も、アレルギーで熱と蕁麻疹がでているのか、熱が身体のつかれで出てて熱からくる蕁麻疹なのかの判断がまだつかないので、蕁麻疹については熱が下がっても出ていたらまた考える方向で。


早くおちつくといいな(==)

おっぱいもねー。本人がめくって飲みたがるから飲みたいだけ飲ませてるけれど。。。
一時期減ったが気持ちの問題なのかな。
病気の時はものすごい飲みたがるし。
もう少し話ができるようになったら話しながら卒乳の時期を決めようと思っているけれど^^;
いや~授乳の時期がこんなに長引くとは思いもしなかったw
まぁ、乳もでてるし、なるべく精神的フォローはしてるつもりだけれど、下の子は甘え足りないものなのかな。上の子の用事で動くことも多いし。
なかなかむずかしいねぇ。
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aokabe.blog27.fc2.com/tb.php/389-bdf3b724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。